石川恋も絶賛!「星のや竹富島」のディナーが素敵♡

水着企画で滞在の「星のや竹富島」のディナーが素敵♡


CanCam6月号『ジェニック水着を買わなくちゃ!』企画の撮影で滞在した星のや竹富島。

都会では珍しい美しい花々と、サンゴでできた石垣に囲まれた赤瓦のヴィラ…。竹富島のゆったりとした空気に癒されながら食べられるディナーも、とっても素敵なんです♡

恋ちゃんも感動して、インスタグラムのストーリーズにディナーのお料理の写真を次々とアップしていたほど!

石川恋のインスタグラムはこちら

◆本土では珍しい沖縄の食材を使ったフレンチのコース♡

星のや竹富島で楽しめるディナーは、オリジナルのフレンチ料理。
沖縄の豊かな食材と、“新しいもの”を意味する言葉を合わせた「琉球ヌーヴェル」というコンセプトのもと、前菜からメイン、デザートまで盛りだくさんのコース♡

まずはアミューズ、前菜から。
ガザミというワタリガニの一種を使った季節の野菜で彩られたアミューズや、目にも鮮やかなマグロと牛のタルタル、そしてスタッフ一同「甘くて美味しい!」と普段食べている玉葱との違いに感動した(笑)、海老と玉葱のフランなど。


春野菜とガザミのブランダード ビスクと共に


マグロと牛のタルタル ビーツのエスプーマ

 

海老と玉葱のフラン

続いてスープは、撮影時は3月だったので春のお野菜、菜の花を使ったもの。
ハツと砂肝のプロシェットが添えられており、スープだけでもかなりの満足感♪

菜の花のカプチーノ プロシェット添え

お魚は、沖縄の方言でハタ類のお魚を意味する高級魚、“ミーバイ”。
初めてミーバイを食べましたが、癖のない白身魚で美味しい!

ミーバイと春キャベツのプレゼ

そして、お肉料理は牛と豚の二種類から選べます。
牛フィレは、“豆腐よう”と呼ばれる沖縄で食べられている豆腐の発酵食品を使ったソースで頂きます。私たちも豆腐ようを初めて食べる者が多かったのですが、少し酸味がありお肉にマッチして美味しい!と大好評♪
豚肉の方も、とってもお肉が柔らかく、ここまで結構な品数を食べましたが、それでもペロリと完食してしまいました!

牛フィレ肉のパン粉焼き 豆腐ようの香り
あかね芋のドフィアノと命草のサラダを添えて

 

香草の香りをまとった豚肉のパン粉焼き
あかね芋のドフィアノと命草のサラダを添えて

 

最後は、パインのシャーベット入りスープや、ジーマミー(沖縄の方言で落花生)を使ったデザートが。星のや竹富島の敷地内にもたくさん咲いているハイビスカスのソースで彩られていたり、南国らしいカラフルなスイーツたちでコースはフィニッシュです。

パインのスープ ウイキョウの香り

ジーマミーのヌガーグラッセ ハイビスカスの香りに包まれて

フレンチ料理にあまり行ったことがない私たちは、彩り豊かなお料理が出てくるたびに感動…!
撮影隊が行った時期は3月だったので春の食材を使った内容でしたが、その季節にあった食材を出して頂けるので、お料理からも季節を感じることができます。

自分へのご褒美や、家族への感謝のプレゼントに、星のや竹富島の素敵なディナーをぜひ♡

 

恋ちゃんが水着企画で滞在したホテルって?

撮影中恋ちゃんがハマった食べものって?

星のや竹富島の予約はこちらから

提供/星のや竹富島
所在地:沖縄県八重山郡竹富町竹富
TEL:0570-073-066(星のや統合予約・受付時間 9:00〜20:00 )
https://hoshinoya.com/taketomijima/

撮影/藤原 宏(Pygmy Company) スタイリスト/奥富思誉里 ヘア&メーク/MAKI(P-cott) モデル/石川恋(本誌専属) 構成/佐藤彩花・田中絵理子