性格悪いだけじゃん!自称サバサバ女子にありがちなこと4つ

「私サバサバしてるから~女子とあんまり合わなくって~男子とのほうがうまくいくんだよね~」

……そんな、自称サバサバ女子、ひとりくらい見たことありませんか? もしくは、自分がそんな気がしませんか?
「自称サバサバ」は「自称天然」並にやっかいなものです。自称天然がたいてい天然ではない養殖天然(?)であるのと同様、自称サバサバも、だいたいの確率でサバサバしていないどころか、むしろネチネチしているというパターンが多々。

自称サバサバ女子

さぁ、そんな「自称サバサバ女子にありがちなこと」を、Woman Insight編集部が20~30代の女性に独自に調査しました。いるいる、こんな女子……。

 

【1】ただ口が悪いだけ

「自称サバサバ系の人は、たいていムダにキツくて、むしろ陰険な人が多い……」

「ほぼ悪口を面白い毒舌とはきちがえている人の『自称サバサバ』率が高すぎる」

「本人は裏表がないと思っているのかもしれないけど、誰も言わないから私が言うけどさぁとか言って、まったくもって言わなくていいことまで直接本人に言って、よく空気を壊滅させている」

 

いるいる。サバサバ、の盾をかかげて、毒舌、悪口、必要以上のキツイ発言……。要するに、それってジメジメしてませんか、と言いたくなっちゃうこと。
本当にサバサバしている人は人の嫌なところよりもいいところを見ているので、カラッとしていますから!

 

【2】男と一緒にいるほうがラク発言

「女子って面倒くさいし、男とのほうが気が合う、というこの上なく面倒な女子っぽい発言」

「男子といるほうがラク~と言うけれど、それはだいたい男たちが気を遣っているだけだし、そもそもそれを私(女)に言う意味がよくわからない」

「男と一緒にいるほうがラクなんだけど、男友達によく告白されて困るんだよね~という自慢をされた。……で?」

 

自称サバサバ女子にありがちなのが「悪い意味で気を遣わない」。そんな性格だから女子が離れていくのに、一緒にいる男性が気を遣ってくれていることに気づかず、「男とのほうが気が合う」発言。そしてモテアピールへ……。それって、サバサバとは程遠くないですか?

 

【3】サバサバのはき違え

「サバサバという名の、ただのガサツでいい加減」

「謎に頑固というか、人の意見を聞かない。それを意志が強くて男らしくサバサバした性格だと思っているらしい」

「困ったら相談してよ! と頼れる姉御肌なサバサバ女子をアピールしてくる同僚がいるけれど、相談した内容は他の人にすべて筒抜け。ただの噂好きじゃん……」

 

自称サバサバ女子にかかれば、ガサツも、ムダな頑固も、噂好きも、「サバサバ」になってしまう……。一時期の空気読めないとか不思議ちゃんキャラやらが「自称天然」としてくくられたように、サバサバ、って、便利な言葉ですね。

 

【4】友達が少ないのを正当化しがち

「趣味が男子っぽいから、女子会とか行ってもつまんない~と言ってる自称サバサバ女子。場を楽しくしようとするのが真のサバサバ女子ではないのだろうか……」

「私サバサバ系だから、女子と話が合わなくて友達が少ない、という同僚がいるけれど、口を開けば友人の悪口、私に長年彼氏がいないことへの説教、彼氏のノロケ、彼氏に貢いでほしいブランド品を写メで見せてくるなどのオンパレードで、そりゃあ友人も減ると思う」

 

女子と話が合わないのを、自分の趣味や他の人のせいにしがち……らしいですが、それ以外の原因だって考えられるはず。

 

こうして特徴を見てみると、実にめんどくさい存在である「自称サバサバ女子」。
とはいえ、楽な方に流れると、誰でもやってしまいがちなことがほとんど。実際、「自分も自称サバサバ女子かもしれない」と思っている女子は4割にのぼっています。ああ、明日は我が身……。ただの性格悪い人、にならないように、気をつけましょうね……。(後藤香織)

 

【あわせて読みたい】

※女が嫌いな女、男が嫌いな男「こんな同性に腹が立つ!」SNS編

※別れたい詐欺?結果のろけ?正直イラっとする、女友達の恋バナ相談6つ

※遭遇率100%!今すぐ縁を切りたい「ブラック友達」って、こんな人

※【本当はウザイ!こんな友達】「おそろい」はウザイ?うれしい?女子の答えは…

※スペック自慢、ハッシュタグ乱用…本当はウザイ!こんな友達【SNS編】