小物が決め手!定番「ボーダー」をおしゃれに見せる簡単テク8 

「ボートネックのフェミニンボーダー」の着こなし4つ

数々の名女優たちに愛されてきたフェミニンボーダーは、「セントジェームス」のボートネックが火付け役。女らしいゆるさをまとったデザインを生かすなら、フレンチ感のある小物を選んで、ヘアメイクは女っぽく。“ほっこり感”を漂わせたコーディネートが正解です。

ボーダー,ボートネック,クルーネック

フレアスカートやワイドパンツなど、ボリュームのあるボトムスが好相性。いい感じのゆるさをプラスしつつ、腰にはジャケットを巻いて、ウエストシェイプもお忘れなく。●カットソー¥12,800(セント ジェームス代官山店<セント ジェームス>)

 

ボーダー,ボートネック,クルーネック

(右から順に)

[めがね+縁際チーク]シャツはインしてトラッドな着こなしに。めがねをかけるなら、フレームぎりぎりのラインにチークをのせると顔になじみ、色気も添えてくれます。●ニット[2月中旬頃展開]¥15,000(フィルム<ダブルスタンダードクロージング>)

[スカーフ+ゆるだんごヘア]無造作感がかわいいおだんごヘアは、低い位置でつくれば、こなれ感もアップ。首元のスカーフが、フレンチレトロなムードに。●カットソー¥15,000(ビリティス<ビリティス・ディセッタン>)

[とんがりフラット+ゆるポニーテール]ボーダー×チェック柄のマフラーという上級者テクも、モノトーンなら簡単にクリア。足元の差し色、ルーズなアップヘアで、女らしいカジュアル感もプラスして。●カットソー¥11,000(GREED International Tokyo Store<BED&BREAKFAST>)