【婚活調査】結婚するなら低身長の年収1000万?高身長の400万?女子の8割が選んだのは…?

Q.【年収VS性格】結婚相手として選ぶならどっち?

年収VS性格

A.

自分の希望より年収はかなり高いけれど、性格に若干難あり 7.9%

自分の希望より年収は低いけれど、性格は申し分ない 92.1%

 

年収VS性格だと「性格をとる!」という方が圧倒的多数! どんなに年収が高くたって、性格に難ありだと、長い人生をともにするには厳しいですからね……。

それぞれの声を見てみましょう。

 

◆希望より年収はかなり高いけれど、性格に若干難あり派

「お金は大事。自分の育った家庭と同等かそれ以上じゃないと、金銭感覚も合わない」

「少しずつ改善してあげることができるかも、だから」

「性格ではお金は稼げない」

「いずれは子どもが欲しいので、お金がないと育てられない」

 

◆希望より年収は低いけれど、性格は申し分ない派

「どんなに年収が高くても、性格が合わなければただストレスがたまる一方で、理想の生活にはならない」

「年収は自分で働いたり、節約するなどの方法で補えるけど、相手の性格は自分だけの努力では変わらないから」

「収入はこれから変わる可能性があるけど、性格はある程度の年齢になるとなかなか変わらない」

 

どちらも「確かに……」と思いますが、やはり女性も働き続ける人が多い現代、「お金はふたりで頑張ればどうにかなる!」ということで、「お金より性格」を重視する人が圧倒的多数でした。

 

では次は「年収VS安定性」を見てみましょう。いまのご時勢なにが「安定」がどうかは難しいところですが、ひとまず安定していそうなイメージのある「公務員」と、移り変わりの激しいイメージのある「ITベンチャー企業社長」を対決させてみました。