まじすか!? 「無職のイケメン」or「高収入なブサイク」アラサー女子が彼氏に選んだのはなんと……!?

女子は、毎日の服で悩んだり、食べるスイーツに悩んだり……と、選択の場面が常にたくさんあるもの! しかも、毎回毎回すぐに選べなくて、かなり悩んでしまう人は多いのでは?

服やスイーツなら「両方選んじゃおう♪」なんてこともできるけれど、複数は選べないのが……「彼氏」。特にアラサーになると結婚を考える人も多くなり、それまでよりも彼氏選びは難しい問題になりがちです。そんな彼女たちの“究極の彼氏選び”の実態、知りたくないですか?

『AneCan』3月号から、日本全国読者1,000人で構成される“姉1000アンケート隊”に答えてもらった「究極の選択」をテーマにした連載がスタート! 今回のテーマは「どっちの彼氏?」ということで、アラサー女子たちの本音がぎっしり詰まったアンケート結果となっています。女子のみなさんはぜひ参考に、男子のみなさんは……心してご覧ください。

shutterstock_80790145

【選ぶならどっち?Q1】「お金がなくて毎日1000円をせびる超イケメン無職」VS「会社経営、自宅は億ションのブサイク年収3億円」

究極の選択_1

「超イケメン無職」派・・・・・・24.5%

「ブサイク年収3億円」派・・・75.5%

 

◆「超イケメン無職」派の意見

「遺伝子を考えるとイケメンのほうがいい」(埼玉県 29歳・会社員)

「私が稼ぐ」(福岡県 35歳・会社員)

「自分の理想どおりの容姿なら、就職できるように応援したい! と思える……」(新潟県 32歳・派遣社員)

◆「ブサイク年収3億円」派の意見

「顔は3日で飽きる」(東京都 28歳・自営業)

「見た目がブサイクでも仕事しているほうが尊敬できる」(北海道 27歳・公務員)

「年収3億円も稼げる人の内面に憧れるし、惚れる」(兵庫県 32歳・会社員)

 

イケメン派の中には「つきあってから働かせる」という意見もありましたが、そもそも無職であることが前提の質問なので、選択理由にはならない気が……「どうせお金でしょ!」と言う気満々だったのですが、「ブサイク年収3億円」派の方々の意見が真っ当すぎて、お金を稼ぐことができる人は内面にも期待ができる気がしてきました。「ブサイク年収3億円」派の勝ち!

 

【選ぶならどっち?Q2】「1分の遅刻も許さない、時間に正確すぎる男」VS「1円単位まで割り勘にする、お金に正確すぎる男」

究極の選択_2

「時間に正確すぎる男」派……76.2%

「お金に正確すぎる男」派……23.8%

◆「時間に正確すぎる男」派の意見

「時間を守るのは当たり前。デートでの割り勘はなし!」(宮城県 31歳・会社員)

「時間にきっちりしていて、人生に損はない」(大阪府 31歳・会社員)

「私が5分前行動派」(愛知県 24歳・会社員)

◆「お金に正確すぎる男」派の意見

「お金にきっちりしていると頼れる!」(神奈川県 28歳・会社員)

「気をつかわなくて済む」(愛知県 28歳・会社員)

「割り勘が楽」(高知県 32歳・公務員)

 

多かったのが「時間をきっちり守るのは当然!」という女子たちの意見。結果、約8割が「時間に正確すぎる男」を選びました。一部、お金の管理が苦手な女子たちが「お金に正確すぎる男」派と回答した模様。ここは圧倒的に「時間に正確すぎる男」派の勝ちですね!

 

【選ぶならどっち?Q3】「彼女のファッションにいちいちうるさい男」VS「彼女のファッションにまったく興味ない男」


究極の選択_3

「いちいちうるさい男」派……37.7%

「まったく興味ない男」派……62.3%

 

◆「いちいちうるさい男」派の意見

「いつも見てくれてるんだなと実感できます」(埼玉県 23歳・契約社員)

「美意識を高く保てる」(大阪府 30歳・会社員)

「服選びが楽でいい」(愛知県 25歳・会社員)

◆「まったく興味ない男」派の意見

「口を出すけどセンスのない人とつきあって、放っておいてと思った」(東京都 31歳・会社員)

「自由に着たい」(広島県 31歳・会社員)

「人のファッションに口出す男が嫌い」(福岡県 30歳・会社員)

 

うるさい男を嫌うのが女子……と思いきや、意外とポジティブなアラサー女子たち! 大好きな彼氏に言われれば、何でも「自分のことを思ってくれている!」と思えてしまうようです。ということで意外にも「いちいちうるさい男」派が約4割も。

 

【選ぶならどっち?Q4】「キスするときにいつも壁ドンする男」VS「キスするときにいつもあごクイする男」

究極の選択_4「壁ドンする男」派……36.1%

「あごクイする男」派……63.9%

 

◆「壁ドンする男」派の意見

「実際にオフィスで壁ドンされて最高だった」(千葉県 26歳・会社員)

「キュンキュン度が高い」(奈良県 29歳・会社員)

「憧れ!」(富山県 29歳・会社員)

◆「あごクイする男」派の意見

「王子様みたい(笑)」(東京都 31歳・会社員)

「高身長の私にあごクイできる男は◎」(埼玉県 25歳・会社員)

「直接触られたほうがドキドキする」(東京都 25歳・会社員)

 

直接触られたいアラサー女子多し! でも冷静に考えて、毎回毎回壁ドンされてたら落ち着かないですよね。毎回あごクイならシチュエーションを問いませんが、壁がないとキスができないというのはかなり困りますね。毎回男性が壁を探す様子などを想像すると、ちょっと笑ってしまいます。壁ドン自体の願望が多いため約4割となりましたが、場所を選ばず、直接触ってもらえる「あごクイする男」派が約6割で勝ち!

 

確かに究極の選択ではあったものの、さすが、今すぐにでも結婚相手を見つけたいお年ごろなアラサー女子たちの意見という印象。選択理由は、冷静ではっきりとしているものが多かったです。女子のみなさん、ぜひよりよい男性と幸せになってくださいね♪(鈴木 梢)

 

AneCan2015年3月号表紙

【あわせて読みたい】

※何ができるの?別れるときどうするの?話題の「カップルアプリ」を偽装カップルが全力で使ってみた

※これはモテる!熱中しているものがある女性=「熱中女子」の特徴7つ

※【男子禁制】オンナのむだ毛事情!悩みNO.1はやっぱり〇〇の毛問題

※衝撃の金銭感覚!アラサーメンズの75%が「彼女が○○」なのはナシ!

※【女子のリアル平均】20~30代の女性が「嫁に行き遅れた!」と思う年齢は何歳か?