イラつく人の特徴5選!職場にいるムカつく相手への対処法は?

周囲にイラつく人はいますか? ひとりでもイラつく人がいると、仕事に集中できなかったり、一日中嫌な気持ちになったりしてしまうもの。できることなら上手に対処して、日常の平和をしっかり守りたいですよね。そこで今回は、イラつく人の特徴や、職場にいるムカつく人への対処法などをご紹介します。少しの対応の差で、相手の態度がガラッと変わるかもしれません。

1:イラつく人、ムカつく相手にどう対処すればいい?

ときに、どうしてもイラついたりムカついたりする相手に出会ってしまうことがあります。そんなときは大人として、どう対処したらいいのでしょうか。まずは、イラつく人について知ったうえで、対処法を考えていきましょう。

2:イラつく人、ムカつく奴の特徴5つ

イラつく、ムカつく人ってどんな人なのでしょうか。よくある特徴をご紹介します。

(1)マウンティングする

人に対してマウンティングをする人は、周囲からムカつかれやすいと言えるでしょう。本人は気持ちいいかもしれませんが、マウンティングされて嬉しい人はいません。

収入、学歴、夫の仕事など、マウンティングする材料はさまざま。でも本当に自信がある人なら、マウンティングなどする必要はないはずですよね。

(2)横柄

特に親しいわけでもないのに、横柄な態度をとる人がいます。なぜ偉そうなのか、されているほうはさっぱりわかりません。このような人は、やがてどこかで痛い目に合う可能性が高いですが、近くにいるとあまり気分がよくないので、少し距離を置くといいかもしれません。

(3)人の弱みにつけ込む

部下にイライラをぶつけたり、私的なことにまで口を挟んだりしてくる上司がいます。このような上司は、部下が上司に対してあまり強く言えないことを知っています。こういった人の弱みや立場につけ込んで自分の欲求を満たそうとする人は、周囲の反感を買いやすいものです。

(4)相手の状況を考えない

相手の状況を考えずに自分の相談を長々としたり、むやみに人の心配をあおったりする人もムカつかれやすいです。

例えば、夜中なのに何時間も彼氏の相談をする、妊婦に対して、聞かれてもいないのに生まれた後の子供の病気について詳細に語るなど、相手の立場や状況を無視した対応は避けたいものです。

(5)心配しているように見せかけて根掘り葉掘り聞いてくる

かつて井戸端会議などで頻繁に見受けられたこのテクニック。「あなたのうちの息子さん大丈夫? 最近学校行ってないみたいだけど。荒れてる学校もあるみたいだから、大変ね」などと言いながら、次の井戸端会議で話すネタを収集します。

これは井戸端会議だけではなく、会社のトイレ、女子会、どこでも行われています。プライベートなことを根掘り葉掘り聞いてくる人は、他人から警戒されるでしょう。

3:イライラ解消方法はこれ!怒りを鎮める魔法の言葉3つ

イライラしたらまず思い出したい。心が少しだけ穏やかになる言葉をご紹介します。

(1)この人にも親がいる

多くの人にとって、親に対する思いには共通する部分があります。大人になればなるほど、親からの愛に感謝するようになるものです。「この人にも親がいるんだ」ということを思い出すだけで、少しだけ寛容な気持ちになれるかもしれません。

(2)かわいそうな人だ

イラつく対応をする相手は、人の気持ちを感じることのできないかわいそうな人だと理解するといいでしょう。なぜなら、他の多くの人にも同じことをしているはずだからです。多くの人にイラつかれる人生は、本人にとっても不本意なはずです。

(3)反面教師にしよう

イラつくことをされたら、「へえ、こんなことをする人がいるのか。でも自分も知らずにしてしまうこともあるかもしれないから、反面教師にしよう」と考えるのもひとつの手です。

誰からもそれを学ぶことがなかった人より、反面教師を見つけられた人のほうがより、他人に寄り添うことができるでしょう。

4:仕返しよりも効果的!イラつく上司、ムカつく後輩への対処法3つ

(1)絶対にイラついたところを見せない

中には、相手をイラつかせようとしてやっている人もいます。彼らは、相手がイラついて不幸な気持ちになっているのを楽しんでいるのです。そんな爽快感を与えないためにも、イラついたところを一切見せないことが肝心です。

(2)マウンティングには心から「よかったね!」

オブラートに包んでマウンティングをする人は多くいるものです。でもそれらにいちいちイラついていたら、自分が損をしてしまいます。

マウンティングだなと感じても、心から「そうなんだ! 本当によかったね!」と言ってあげられる人は、誰からも心の平和を乱されない、強い心の持ち主でしょう。

(3)心で笑う

イラつくことをしてくる人がいたら、心の中で笑い飛ばしましょう。「え、こんなこと人に言っちゃうんだ。ちょっとおもしろい人だな」と思えたら勝ち。人をイラつかせてしまうような人の言動は、あなたの心を乱すほどの価値もないのです。できることなら笑って流しましょう。

5:イラつく人を見たら、自らを省みよう

イラつく人を見たら、自らを省みるチャンス。知らず知らずのうちに同じことをしてしまっていた、なんて可能性もあるかもしれません。嫌なことも、何かを学ぶチャンスだととらえられるといいですね。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

山根ゆずか
ちょっと複雑な環境で過ごした幼少時代を紆余曲折ありながら無事乗り越えたものの、高校時代は遊びすぎて進路に困る。改心し働きながら夜間大学に通い国内のMBAに飛び級入学。卒業後は外資系金融に就職。現在はプログラマー兼ライター。イメージコンサルティングやヨガインストラクターの資格を趣味で保有。得技は人の悩みを当てること。飲みながら料理をするときに最高の幸せを感じる。禅の思想が人生の指針。