好きな人ができた!恋が始まったときにやるべきこと、NG行動10選

好きな人ができると、まず何をすればいいのか、どうすれば両思いになれるのか悩みますよね。積極的にアプローチができればいいですが、話しかけることすらままならない女性もいるはず。そこで今回は、好きな人ができたときにやるべきこと、やってはいけないNG行動を紹介します。

1:好きな人ができたら?

好きな人ができたら、まずは冷静に自分の感情を整理しましょう。一時的にときめいているだけなのか、これから本気で恋愛関係を築いていきたいのかを考えます。

ただ、好きだからといって、やみくもにアプローチしても恋は実りません。相手の気持ちになって、どうアプローチすることが最適なのかを分析しましょう。

2:好きな人ができたときにやるべきこと5つ

好きな人ができたとき、まずはこの5つのことを始めましょう。どのような相手でも、焦りは禁物です!

(1)好きな人をリサーチする

好きな人ができたら、誰もが親密な関係になりたいと思うもの。アプローチするためのきっかけとして、彼の趣味や特技などを探ってみましょう。突然本人に聞いてみてもいいですが、まずは親しい友達や職場の同僚に「◯◯君ってどんな人?」と聞いてみてください。

周囲の人が恋愛を応援してくれるタイプであれば、連絡先を交換したり一緒に食事に行ったりする機会があるかもしれません。ただ積極的にリサーチをしていると、周囲に好きバレしてしまう可能性も。最初は、彼と親しい人にこっそり聞きましょう。

(2)あいさつをする

あいさつはコミュニケーションの基本です。まずは「おはよう」や「お疲れさま」のような声かけから、コミュニケーションを始めてみてください。顔を合わせてあいさつをしていると、次第にお互いの小さな変化にも気づけるようになります。

あいさつもしたことのない関係だと、なかなかプライベートな会話もできません。職場内ですれ違ったときは、少し微笑みながらあいさつを交わしてみましょう。

(3)連絡先を交換する

ある程度会話ができる関係になったら、LINEの交換をしてみましょう。突然「LINEを交換しよう」と言うと相手は驚いてしまうため、タイミングを見極めてください。

LINE交換しやすいタイミングは、会話が盛り上がっているとき。「今度みんなで飲みに行こう!」と言って、自然と連絡先を交換しましょう。ほかにも、おすすめのお店の情報を送るときや、仕事で必要な情報を個人的に伝えるという名目でLINE交換するのもよさそうです。

(4)日々の変化をチェックする

職場などで気になる彼とすれ違うとき、彼のヘアスタイルや体調など日々の小さな変化をチェックしてみましょう。直接好意を伝える方法ではないものの、コミュニケーションのきっかけとなり、相手に「自分を見てくれているんだ」と思わせることもできます。

変化に気づいたことをきっかけに会話が生まれれば、自然とプライベートな会話もできるはずです。

(5)さりげなく視界に入る

話しかける機会もなく、連絡先の交換までたどり着けない女性もいるでしょう。そんなときは、まず男性に自分の存在をさりげなくアピールする方法が効果的です。

わざとらしく視界に入り込んだり、大きめの声でアピールしたりするのではなく、彼の視線の先を通ってみるようなさりげなさでOK。彼に存在が認識されていなければ、恋愛はスタートしません。そこから友人や職場の同僚を通して、彼と話すきっかけをつくるといいでしょう。

3:好きな人ができたときにやってはいけないこと5つ

好きな男性と早く両思いになりたい気持ちはありますが、実はやってはいけないことも。アプローチの前にチェックしておきましょう。

(1)突然距離を詰める

好意があるからといって、突然話しかけたり、近づいて好きアピールしたりすることはNG。「男は少しくらい大胆なアプローチをしたほうがドキドキするだろう」と思う女性もいるかもしれません。しかし、実際には多くの男性が不快に思うものです。

親しくない女性から距離を詰められると、何を企んでいるのかと恐怖を抱く人もいます。また職場内でわざとらしく距離を詰めると、男性に迷惑がかかるのでやめましょう。

(2)過剰に褒める

男性へのアプローチの効果的な手段として、褒めるというものがありますが、褒めすぎることは逆効果。「◯◯君ってモテそうだよね」のように少し褒めるだけならいいのですが、「ほかの誰よりもカッコいいです!」と比較する褒め方は好ましくありません。

過剰に褒めすぎると男性は、何か裏があるのではと女性を疑います。好かれるために褒める行動は、男性に見透かされてしまうため、自然と感じたままに伝えてみましょう。

(3)あからさまに避ける

恋をすると恥ずかしさや照れから、好き避けする女性がいます。近づけない気持ちはあっても、あからさまに避けるのはとても失礼なこと。不安を煽ったり傷つけたりする可能性があります。

どれだけ好きな男性でも、避けてしまうと恋愛関係に発展しません。男性に緊張したとしても、ありのままの自分でいてくださいね。

(4)ボディタッチ

女性から触れられて喜ぶ男性もいますが、純粋な恋愛関係を築くのなら、最初の段階でボディタッチは不要です。ボディタッチをするタイプの女性を彼女にしたいかというと、そうは思えない男性もいます。

これは「自分以外の男にもボディタッチをしていそう」と捉えられるから。特に公共の場や職場でのボディタッチは、周りの人に嫌な思いをさせてしまうため、大人として行動をわきまえましょう。

(5)試すような行動をする

わざと嫉妬をさせる、冷たい態度をとるなどして男性を試すような行動は嫌われます。うまくいけば気を引くことができるかもしれませんが、試されているとバレれば男性は一気に冷めてしまうでしょう。

10代の若いときは、駆け引きも恋愛の楽しみのひとつ。しかし、お互いが大人の恋愛なら、回りくどい行動は控えたほうがよさそうです。

4:好きな人ができたかも…別れる?自分の気持ちを確かめる診断テスト5つ

彼氏のことが嫌いではなくても、新しい恋に走りだしたい女性もいるでしょう。彼氏と別れるべきか悩んでいるのなら、まずは自分の胸に手を当てて考えてみてください。

(1)彼氏と付き合っている理由を考える

付き合っている理由が、明確に答えられない、即答できないときは、すでに彼氏への愛情が薄れてきている証拠です。「好きだから」と明言できないのなら、恋愛感情の半分以上が好きな人へ移り変わっているのかもしれません。

何となく、惰性で付き合っているという理由が思いついた女性は、彼氏への情で一緒にいるだけかも。一度ふたりの関係を客観視してみてください。

(2)彼氏との将来は考えられるか

いまの彼氏との将来を考えられるかは、恋愛において重要なポイントです。結婚をして将来を共に過ごすと想定しているのなら、無理に新しい恋愛をスタートしなくてもいいでしょう。彼氏との将来に不安しかないとき、これから先の人生を一緒にいられることが想像できないときは、別れるのも手段のひとつ。

ただ、好きな人が結婚を視野に入れた交際ができるとは限りません。結婚を軸に恋愛を考えている人は、恋愛とは違う目線でパートナー選びをしましょう。

(3)彼氏への気持ちは純粋な愛情であるか

彼氏に対する気持ちが純粋な愛情であれば、無理に別れる必要はありません。ただ、愛情ではなく依存をしているだけ、もしくは別れるのが怖いだけなら、この先交際を続けてもお互い成長することはないでしょう。

別れるか迷っている理由が、別れたあとの不安や怖さであるなら、思い切って新しい恋愛をしたほうがよさそうです。

(4)自分を大切にしてくれるのはどちらか

彼氏と好きな人、どちらが自分を大切にしてくれるか考えてみましょう。女性が一方的に好意を抱いているだけではなく、相手も同様に愛情を返してくれなければ、いい恋愛とは言えません。

彼氏に大切にされていないのなら、好きな人と新鮮な恋を楽しむことも自分が幸せになる方法です。自分の幸せがつかめていないうちは、誰と恋愛をしても幸せになれないでしょう。

(5)彼氏との関係は改善できるか

彼氏と別れて好きな人と付き合うか迷っている女性は、現時点で彼氏との関係が少々揺らいでいるのかもしれません。不安定な関係だと感じているのは、お互いの信頼関係がなくなっている、優先度が低くなっているときです。

ふたりの努力で改善できる程度なのか、もう修復不可能な段階にいるのかによって自分の気持ちに決着をつけましょう。彼氏とじっくり話し合いをすれば、これまで以上に固い絆で結ばれることもあります。

5:女性とは全然違う?好きな人ができたときの男性の行動5つ

女性と男性とでは、恋愛に対する考え方が大きく異なることも少なくありません。男性は、女性に好意を抱いたとき、どのような行動をするのでしょうか。

(1)女性の考えに同調する

男性は、好意を寄せている女性に同意をしたり、意見を寄せたりする機会が多くなります。会話の中で「わかる!」「◯◯さんの考えっていいよね」など、同調や肯定して女性との距離を近づけようとするのです。

女性の中には、言いたいことや意見に共感してもらいたい人がいます。そしてそれを理解している男性は、「この人と話が合う」と思ってもらうために、あえて共感しています。

(2)彼氏がいないかを探る

好きな女性に彼氏がいては、アプローチのしがいがありません。そのため、女性に好意を寄せ始めたときから、彼氏がいないか探り始めるでしょう。周囲の人に彼氏がいるのか聞いてみたり、恋人の存在を間接的に確認したりします。

男性から「◯◯さんの彼氏はうれしいだろうね」のように言われたのなら、さりげなく彼氏の有無を確認しているのかも。会話で心理を探る行動は、女性に好意がある証拠です。

(3)突然優しくなる

あるときを境に、特定の人にだけ優しくなったのなら、女性として意識し始めたのかもしれません。男性からの優しさや気遣いは、自分に興味を向けてほしい、自分は女性に優しい男であるとアピールをしたい心理があります。

また、女性は「自分にだけ優しくしてくれている」という特別感にキュンとしてしまうため、男性はその心理を理解しているのかも。おごってもらう、仕事のアドバイスをしてもらえる機会が増えたときは、好意がある証拠です。

(4)食事に誘う

自分から積極的にアプローチできる男性は、ある程度会話できる仲になると食事に誘う人もいます。ふたりきりで食事をしてお酒が入れば、普段話せないことも打ち明けられますよね。

何度か食事をしていると、そのうち告白をされる可能性も。食事の際に男性がおごってくれたときは、女性として意識をしている確率はグッと高くなります。

(5)好き避けをする

自分に自信のない男性や恋愛経験の少ない男性の中には、つい好き避けをする人もいます。女性にどうアプローチしていいのかわからず、話しかけても緊張するだけなので、あえて距離をとってしまうのです。

女性にも好き避けをする人はいますが、好きなのか嫌いなのか判断は難しいところ。周囲の人から「あの人、◯◯さんが好きらしいよ」という噂で好意を知ることもあるでしょう。

6:まとめ

男性へのアプローチ方法はいろいろありますが、いちばん大切なことは相手を尊重する気持ちです。早く付き合いたくて焦ると、男性に敬遠されてしまうかもしれません。恋の始まりは、素直でわかりやすいコミュニケーションを心がけましょう。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

森下あゆみ
「人の心を動かす文章とは何か」を生涯のテーマに活動するアラサーライター。恋愛は7割空振りに終わるが、長い人生の中で3割打てれば十分だと思っている。座右の銘は「遠回りすることがいちばんの近道」。趣味は自分磨きとプロ野球観戦。腹筋を割りたい。