年下男子が気になる…効果的なアプローチ方法と相手が見せる脈ありサイン

年下男子が気になるけれど、効果的なアプローチ方法がわからない……。どんな女性を演じれば、好感度がアップして恋愛対象として見てもらえるのでしょうか。実は、彼らから好意を持たれやすい女性には特徴があるんです。ぜひともキャッチしたい相手からの「脈ありサイン」と合わせてご紹介します。

1:年下の男の子が気になる…効果的にアプローチしたい!

年下の男の子って、どう思いますか? ちょっぴりヤンチャだけど、母性本能がくすぐられてかわいい……。そんなイメージを持っている人も、多いのではないでしょうか。

しかし、年下男子が気になっても、アプローチ方法がわからないという人も多いはず。効果的にアプローチするためには、年下男子の特性を知っておくことが大切です。年上の女性の魅力をうまくアピールできれば、お付き合いも夢ではないかもしれません。

 

2:年下男子が年上女性を好きになる心理とは?

年下男子は、どんなときに年上女性にキュンとしたり、好きになったりするのでしょう。年下男子の心の中をのぞき見てみましょう。

(1)年上ならではの包容力に惹かれる

同世代にはカチンとされる性格を持て余しているタイプは、年上女性なら、おおらかな気持ちで許してくれそうという心理があります。

普段から、自分の不用意な言動で相手を怒らせたり、不愉快にさせたりしてしまうことがあって、それを気にしている人は、包容力のある年上女性の前なら、自分らしくいられると思うのです。

(2)お互い高め合える

甘えん坊の女性は愛らしく、男性人気も高いですが、長く一緒にいると疲れてしまうというのもまた事実。そんなときに、しっかりもので依存してこない年上女性に出会うと、好感を抱く傾向にあるようです。

「お互いに高め合い、一緒にいることがプラスになる関係」というのは、大人の恋愛において必須です。前向きな気持ちになれたり、それによって仕事がうまくいったりするため、自然と相手のことを好きになってしまいます。

(3)高嶺の花への憧れ

「幼いころ、近所のきれいでやさしいお姉さんに憧れた」という男性は多いでしょう。その憧れが大人になってからも続くことがあります。「手が届かないものほど欲しくなってしまう」という心理から、好きになるようです。

また、年上女性に軽くあしらわれたりすると、「追いかけたい」という男性の狩りの本能が強く働き、より気持ちが加速します。

3:年下男子から好意を持たれる女性の特徴3つ

なぜだか年下男子から好かれやすいという女性もいます。そんな、年下男子から好意を持たれる女性の特徴とは?

(1)甘え方と甘えさせ方が絶妙

甘え方と甘えさせ方のバランスは、実はとても難しいもの。その勘どころがいい年上女性は圧倒的にモテます。いつもは姉御肌なのに、絶妙なタイミングでちょっと甘えてきたり、おちゃめになついてきたり、「年上なのにかわいい」の出し方が完璧なのです。

(2)自立している

精神的にも経済的も自立しているのが、年上女性の魅力のひとつ。年下男性から「かっこいいですよね」と褒められても、恋愛対象として見てもらえているのか、疑問に感じてしまうこともあるかもしれません。

しかし、この言葉は「自立した素敵な女性」という意味合いが強く、好意からくる褒め言葉の可能性が高いです。

(3)母性が強い

年下男性から好かれやすい女性は、やはり母性が強いことが多いです。母のように広い心で、やさしく明るく、いつも気にかけてくれる面倒見のいい女性は、まさにマドンナ。失敗しても励ましてくれると、安心感から好意が芽生える場合も。

また、動物や子どもをかわいがる姿からも、母性を感じてキュンとなるんだそう。

4:年下男性へ効果的なアプローチ方法5つ

年下男子が「いいな」と思うポイントを、しっかり押さえていきたいところ。年下男子への効果的なアプローチ方法5つを、ご紹介していきます。

(1)家庭的な一面を見せる

職場での姿しか知らないからこそ、自立したかっこいい女性というイメージが生まれます。そのギャップとして、家庭的な一面を知ると「おっ」と好感を持つようです。

わざとらしくアピールするよりも、なるべく自然に見せるのがコツ。普段から「当然のように」やっている感じを出しましょう。「自炊や家事は特に苦じゃない」という発言も好感度が高いようです。

(2)「年上なのにかわいい」のギャップをみせる

見た目と中身に「いい意味での」ギャップがあると、人はついドキッとしてしまうもの。基本的に年上=しっかりしてる、ちゃんとしてる、きちんとしている、冷静、など、「大人」のイメージですから、その逆となる「かわいい」部分を小出しにしてみましょう。

(3)品のいい色気を出す

エロさと色気はまったくの別物です。品のよさを感じる立ち振る舞いを、意識しましょう。ゆっくりとした話し方、手の先まで美しい所作。目標は、ちょっと真面目なインタビューなどに答えているときの天海祐希さんです。

(4)頼る

年上女性は、何でもひとりでできるイメージが強いのではないでしょうか。それを年下男性は素敵だと思う反面、自分とは釣り合わないのではないかとコンプレックスに感じてしまうこともあるようです。頼ることで、自分は男として見られていると認識してくれるでしょう。

(5)彼を否定せず見守る

彼が困っていたら何とかしてあげたいと、あれこれ手を出したくなってしまうもの。だからといって頼まれてもいないことをするのは、お節介だと思われてしまうおそれがあります。

年下男性へのアプローチで大切なのは、張り切りすぎないこと。疲れているときこそ会いたいと思わせることができたら、成功といえるでしょう。「応援しているからね」「待っているね」と、彼の言動を否定せず見守ってみましょう。

5:勘違いに注意!本当に脈あり女性に見せるサイン3つ

好意を持たれていると思っていたのに、実はそうではないことも……。勘違いしないように、彼の言動をチェックしてみましょう。ここでは、本当に脈あり女性に見せるサインを3つご紹介します。

(1)リードしようとする

「好きな女性には子ども扱いされたくない」「男らしい部分を見せたい」と、思っている男性は多いもの。年上女性相手なら、余計にプレッシャーに感じているかもしれません。

デート時にお店を予約してくれたり、行く場所の下調べをしてくれたりしたら、脈ありサインの可能性が高いでしょう。喜ばせたいと頑張るのは、好意のある女性限定のようです。

(2)真面目さをアピール

年下男性は、女性から「若いから遊んでいるだろう」と思われてしまうことがあります。

本気で付き合いたいと思っている場合、そのイメージを払拭すべく、真面目さをアピールするそう。脈あり女性に、真剣交際だと伝えたくて出すサインです。「30歳までには結婚したい」などと具体的な年齢を伝えて、女性に将来のことを考えているアピールをすることもあるようです。

(3)連絡をマメに返す

電話やLINEが好きという男性は、あまり多くいません。連絡をマメに返すのは「好意あり」のサインのひとつと考えていいでしょう。雑談に付き合ってくれるというのも、脈ありサインである可能性が高いようです。

年上女性に対しても同じ。アピールのつもりというわけではなく、気になる相手だから連絡をとりたいという気持ちからくる行動といえます。

6:まとめ

「年上女性から好意を持たれたら嬉しい」という男性がほとんどのようなので、ひと安心ですね。年上ならではの包容力や大人の色気は、大きな強みになります。それを活かしてうまくアプローチすることが、恋人への近道といえるでしょう。

彼からの脈ありサインを見逃さないようにしてみてくださいね!

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

吉岡サエコ
元赤文字系ファッション誌の専属読モ。三度の飯より服が好き。20歳でライターデビューし、アパレルから福祉系まで、さまざまな職種を経験しながら、現在は主婦兼ライターとして活動中。趣味は「男に選ばれる女」の観察、特技は探偵並みの浮気チェック。