未読スルーする人の心理とは?されたときの正しい&NGな行動

未読スルーされ続けると、こちらの気持ちや用件を伝えられず、話が進まないなど不便なことばかりです。なぜLINEの相手は、未読スルーするのでしょうか。そこで今回は、未読スルーをする人の心理と対処法、未読スルーされたときのNGの行動を紹介します。いま一度、未読スルーされている理由を考えてみませんか?

1:未読スルーっていつから?

未読スルーをされたと感じる期間は人それぞれでしょう。では、一般的にはどのくらいなのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20代~40代の男女432人に独自のアンケート調査を実施。「送ったLINEが既読にならないまま、どのくらい空くと“未読スルー”だと感じますか?」と聞いてみました。Top5の結果は以下のとおりです。

第1位:1日以上・・・158人

第2位:半日以内・・・59人

第3位:どれだけスルーされても気にならない・・・52人

第4位:2日以上・・・48人

第5位:3日以上・・・42人

多くの人は半日~1日既読がつかないと、未読スルーされていると感じるようです。1日以内に返信すれば、無視だと思われにくいでしょう。一方で、どれだけスルーされても気にならない人も一定数いました。

2:悪意あり?未読スルーする人の心理5つ

未読スルーをする人の中には、意図的にLINEを無視する人もいます。悪意がある未読スルーには、具体的にどのような心理があるのでしょうか。

(1)嫌いな相手のLINEはできるだけ見たくない

嫌いな人とは喋りたくないし、LINEすらしたくないものです。「この人苦手だな」と思う上司・先輩、友達からのLINEは、通知が来てもあえてすぐに見ない人もいるでしょう。既読がつかなければ、忙しい、すぐにスマホ見られないと思ってもらえるため、既読をつけないのです。意図的に無視した、悪意のある典型的なパターンです。

(2)一度返信するとたくさん送られてきてウザい

LINEのやりとりを始めると、キリがいいところまで一方的に送信されて、最初のLINEを未読スルーしたくなる人もいます。これも「悪意のある未読スルー」に入るかもしれませんが、この心理の人は無神経にLINEを連投する人がイヤなだけ。LINEでのやりとりがめんどうくさい人は、LINE=ウザいという心理になりがちです。

(3)優先順位が低い相手だと思っている

目の前のことと比較をして、LINE相手の優先順位が低く未読スルーしている可能性もあります。急用ではない、それほど大切な相手ではないため、未読スルーをしても問題がないと思っているのでしょう。未読スルーをする人に、どうでもいい人だと認識されているのかもしれません。

(4)LINEをスルーして縁を切ろうとしている

もっとも悲しいパターンが、未読スルーを続けて縁を切ろうとしているケースです。ブロックをするとバレて気まずいため、未読スルーで無視をしているのです。恋人と自然消滅したい、一方的に好意を抱かれることがイヤで縁を切りたい人にある心理です。

(5)LINEそのものがめんどうくさいので放置した

悪意があり無視したというよりも、LINEそのものが嫌いでめんどうくさい人もいます。完全な悪意とは言えないものの、「めんどうくさい」という一方的な感情で未読スルーされているので、こちらとしてはとても困りますよね。この心理の人は「電話のほうがいい」と思うことも多く、コミュニケーションの手段を変えたら解消される場合も多いです。

3:悪意なく未読スルーする人の心理3つ

未読スルー=すべて悪ではありません。悪意がない未読スルーの心理・状況を紹介します。

(1)仕事が忙しくLINEどころではない

長時間未読スルーが続くパターンでは、仕事や家の用事で忙しいケースが多いでしょう。特に仕事の場合、作業をする場所にスマホを持ち込めないルールが設けられているところもあります。特定の時間帯だけLINEが未読スルーされるときは、何かの用事で忙しいのかも。悪意はまったくないでしょう。

(2)「あとで確認しよう」と思って忘れていた

ついうっかりのパターンで、LINEを未読スルーしてしまうこともあるでしょう。「あとでLINEを返信しよう」と思い、スマホを閉じてほかのことに夢中になってしまったのです。

まったく悪意はなく、むしろ申し訳ないと思っているかも。LINEの冒頭に「遅れてすみません!」といったあいさつがあれば、この心理で未読スルーした可能性が高いでしょう。

(3)LINEの通知をオフにしていて気づいていない

LINEの通知がウザい、グループLINEだけ通知をオフにしている人もいます。人数が多いグループLINEの場合、ひっきりなしに通知が鳴ることも多いです。通知をオフにしているとLINEが来たことすら気づきません。そのため、長期間LINEを未読スルーしっぱなし……ということもであるでしょう。

4:未読スルーされたときの対処法3つ

未読スルーされたとき、どうすべきか迷う人はいるでしょう。LINEを送っても既読がつかないときは、対処をして様子見してみてください。

(1)スタンプひとつだけ送って様子を見る

ある程度親しい人であれば、数時間後にLINEスタンプひとつだけ送って様子を見てみましょう。ただLINEを見忘れていた人であれば、通知音に気づきスマホを見て返信をくれるかもしれません。

スタンプを送っても一切既読がつかないときは、あえて無視をしているのかも。相手の心理や状況を知れる可能性があるため、まずはスタンプで様子見がベストです。

(2)別の話題に切り替える

触れてほしくない話題に触れられ、未読スルーをしている人もいるでしょう。会話の途中で未読スルーになったのなら、次のLINEはまったく関係ない話題を振ってみてください。そうすると、次の話題には気軽に返信をしてくれるかもしれません。別の話題にしても返信がこないときは、また別の理由があって未読スルーしていると判断できます。

(3)「心配だから返信してほしい」と伝える

1日以上未読スルー状態が続いているときは「心配だから返信して」と伝えてみましょう。このようなLINEがくれば多少嫌いな相手であっても、めんどうなことになりたくないからと返信はしてくれるはずです。何度も送ると少しウザいですが、初めて未読スルーされた相手には、このLINEが効果的です。

5:未読スルーされたときにやってはいけないNG行動3つ

未読スルーをされたからといって、好き勝手してよいわけではありません。特に以下3つのような行動は避けましょう。

(1)しつこくスタンプを連投する

LINEスタンプを送って様子見することはよいのですが、スタンプを連投することはNG。子どもっぽくウザいため、嫌われてしまいかねません。未読の件数が2桁になるような連投だと、よけいに未読スルーされてしまい、本当にイヤがられてブロックをされてしまうかも。たとえ仲がいい人であっても、スタンプの連投は控えましょう。

(2)LINE電話を何度もかける

スタンプの連投もウザいですが、何度もLINE電話をかけることも好ましくありません。LINEの通知をオフにしていてもLINE電話の着信音は鳴るため、何度もかけるととても迷惑です。LINE電話で相手の様子をうかがうなら、せめて1日に2回まで。それでも未読スルーが続くのなら、ブロックされている可能性がありそうです。

(3)心配させる・気をひくLINEを送る

「未読スルーしたら絶対に許さないから」「無視するなら家に行くよ」のように、ネガティブな発言で相手の気をひかせることはNGです。単純に相手を心配・不安にさせることに加えて、仕事などで忙しい人は「こっちは暇じゃないんだ」とイラッとするでしょう。未読が続くと腹が立つこともありますが、あくまでも冷静なLINEを送ってください。

6:未読スルーされやすいLINEの内容3つ

では、どのようなLINEが未読スルーされやすいのでしょうか。3つのパターンを紹介します。

(1)「今何しているの?」という中身のないLINE

「今何しているの?」はある程度親しい間柄なら、楽しいLINEになりますが、それほど仲良くない相手とのLINEには不向きです。忙しい人からすると、中身のないLINEはどうでもよく、邪魔で時間の無駄だとイヤがられます。「この人のLINEはつまらない内容だろう」と呆れられて、結果的に未読スルーされるのです。

(2)「◯日は何か予定あるの?」と詳細がわからないLINE

「来週の土曜日、空いてる?」と聞かれても、会うか会わないかは内容によるはずです。詳細がないLINEには既読をつけることすら億劫になり、ひとまず未読スルーしてしまうでしょう。未読スルーを避けるなら、「来週の土曜日、◯◯するけど空いてる?」という内容がマスト。未読スルー、既読スルーされる頻度が高い人の内容にありがちです。

(3)普段からLINEの内容がどうでもいい

LINEをしていても楽しくない、内容がどうでもよくつまらない人のLINEは未読スルーされやすいでしょう。話をしていても楽しくないのなら、LINEをする時間が無駄になるだけ。

話がつまらないと言われるとさみしいものですが、価値観や相性が合うかは人それぞれ。恋人でもないのに、どうでもいい内容で気をひかせようとしないほうがよいでしょう。

7:まとめ

未読スルーは、必ずしも「する側」が悪いとは言えません。未読スルーをされても仕方がないようなLINEを送っている可能性もあるでしょう。未読スルーをされたときは、いま一度LINEの内容を読み返し、相手がどう感じるかを考えてみてくださいね。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

森下あゆみ
「人の心を動かす文章とは何か」を生涯のテーマに活動するアラサーライター。恋愛は7割空振りに終わるが、長い人生の中で3割打てれば十分だと思っている。座右の銘は「遠回りすることがいちばんの近道」。趣味は自分磨きとプロ野球観戦。腹筋を割りたい。