LINEを未読無視する心理11選!未読スルーされた場合の対処法も

「LINEをしても返信がないどころか、既読すらつかない」そんな未読スルーをされてしまうと、「なんかあったのかな」とか「もしかしてウザがられている?」など、さまざまな感情を抱くもの。今回はLINEを未読無視する心理を徹底的に深堀りしていきたいと思います。あわせて、未読無視されたときにどうするべきなのか、対処法も考えてみましょう。

1:LINEを未読のまま放置、未読無視することありますか?

まず、恋の駆け引きのためにLINEを未読無視する人の割合を男女別にリサーチしたのでご紹介したいと思います。

(1)男性に聞く!好きな人からのLINEを未読無視することがありますか?

最初に、男性が恋の駆け引きで未読無視する割合をみてみましょう。今回『MENJOY』では、20~30 代の未婚男性129名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「恋愛の駆け引きで未読スルーしたことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・30人(23%)

ない・・・99人(77%)

女性よりは恋の駆け引きをしないイメージがありますが、一定数の男性はしている模様。あえて未読スルーして「私に興味ないのかしら」と女性の気持ちを引く恋の達人もいると思います。

また一方で、すぐに既読をつけてマッハで返信するのは、「がっついてるみたいでかっこ悪い」と思っている男性も少なくないのではないでしょうか。

(2)女性に聞く!好きな人からのLINEを未読無視することがありますか? 

続いて女性が駆け引きする割合をご紹介したいと思います。同じく『MENJOY』では、20~30代の未婚女性159名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「恋愛の駆け引きで未読スルーしたことはありますか?」という質問をしてみました。

結果は以下のとおりです。

ある・・・74人(47%)

ない・・・85人(53%)

実に半数近くの女性が恋の駆け引きで未読スルーをしているという結果に。今回のリサーチでは女性のほうがLINEで恋の駆け引きをしていることが見えてきました。

恋の駆け引きは一歩間違うと、逆効果になるケースもあるので、人やシチュエーションなどを慎重に見極める必要があると個人的には思います。

2:LINEを未読無視する理由・心理11

LINEを未読無視するとき、そこにはそれなりの理由や心理があるもの。ときにはLINEを送信した側に原因があるケースもあります。ここではLINEを未読無視するときの原因を考えてみましょう。

(1)正直ウザイのでブロックまたは未読のまま削除している

嫌いな人や、めんどうくさい人とはあまり関わり合いになりたくないもの。そんな相性が合わない相手からLINEがくると、「返信するのめんどくさいわ〜」とか「無視しちゃおうかな」と思うのではないでしょうか。

残念ながら相手に「関わり合いになりたくない」と思われて、ブロックをされたり、未読のまま削除されている可能性も。これは理由としてはいちばん最悪なパターンですよね。

(2)単純に忙しい、体調が悪いなどでLINEをチェックしていない

LINEのメッセージがきていること自体に気づいていないケースもあるでしょう。仕事などが忙しいときはスマホをチェックする余裕はありません。また、体調が悪いときは「スマホの画面を見るのもつらい」という場合もあるもの。

これは未読スルーしている側にはまったく悪気はなく、結果的にスルーしている状態になっているだけです。LINEをした側としては、モヤモヤしてしまいますが、相手に余裕ができればいずれ返信がくるでしょう。

(3)そもそもLINEをあまりチェックしていない

LINEをこまめにチェックする人もいれば、手が空いたときなどじゃないとチェックしない人もいます。LINEをした相手が後者であれば、タイミングによってはチェックするまでに時間がかかって、結果的に未読無視の状態になってしまうでしょう。こちらも(2)と同様で相手には悪意はありません。

また「スマホの扱いに慣れていない」とか「スマホの機種を買い替えた」など何らかの事情から、うっかりLINEを削除してしまったという可能性もあるかもしれません。

(4)そもそもめんどくさがりの性格である

めんどくさがりの性格などで、LINEのやり取りをするのがわずらわしいと感じているケースもあります。このような性格の人だと、メッセージが届いているのに気づいても、「めんどくさいから放っておこう」と考えてしまうもの。

めんどくさがりな性格が原因で未読スルーしてしまう人は、LINE自体をわずらわしく感じています。そのため誰からのメッセージでも返信をさぼってしまいがち。未読スルーされても嫌われているわけではありません。

(5)相手に関心がない

仲のいい人や、好意をもっている人にはていねいな対応をするもの。逆にあまり関心のない相手に対しては扱いが雑になってしまいがちです。相手にとって、まったく関心をもってもらえていないことが未読無視の理由になることも。

相手に関心がないと、メッセージが届いているのに気づいても「どんな内容なんだろう」と思わないでしょう。興味がない相手に丁重な対応をする人は少ないので、「別にあとでいいや」となってしまい未読のまま無視されてしまうのです。

(6)単純に返信を忘れている

LINEのメッセージが届くと、わざわざLINEを開かなくてもスマホの画面上にポップアップでメッセージが表示されます。何か作業をしていて、手が離せないときは便利な機能ですが、それで内容を把握できてしまうので、そのまま返信するのを忘れてしまうケースもあるもの。

未読スルーしている側としては、すっかり失念している状態。相手からのメッセージを開いていないことに気づくまでは、既読にはなりませんし、返信もないでしょう。

(7)返信する必要はないと思っている

自分に置きかえて考えてみると、「今日のランチはパスタでした」「明日も仕事だ〜」みたいな報告的なLINEを送信されても「返信はしなくていいか」と思うケースもあるのではないでしょうか。自分が送信したLINEがこのような返信の必要がないLINEと思われている可能性も考えられます。

スマホにポップアップで表示された内容を見て、「これは返信の必要なし」と判断されて、そのまま放置されてしまうので、未読スルーの状態になってしまうのです。

(8)やり取りが面倒なので未読のまま放置している

LINEの送信頻度がやたら高い人や、「いつまでこのLINE続くんだろう」というラリーが延々と続く人もいます。このような人からLINEがくると「めんどくさいな」となってしまい、内容を確認せずに未読無視をしてしまうケースもあるもの。

LINEの頻度やラリーの回数の適正な数は個人差があるものですし、相手に対する好意の度合いでも変わってきます。相手とLINEに対する温度感が違いすぎると、面倒がられて既読をつけてもらえなくなるのです。

(9)未読のまま読んだけれど面倒だから放置している

LINEをしていると、返信に困るメッセージを送信してきたり、スタンプだけで感情を伝えてくる人がいたりします。このようなLINEに対して「何を返信したらいいのかわからない」「返信のメッセージを考えるのが面倒」と思う人も。

そんなとき、「見てないことにしておきたい」と考える人は多いでしょう。近年はそんな人のために既読をつけないで内容を確認できるアプリもあります。そのようなアプリを活用したり、ポップアップ表示で内容を把握したりした結果、「未読スルーにしておこう」となっていることも。

(10)未読のまま読んだけれど慎重に返信したい

「あの人のことが好き」「悪い印象を与えたくない」そんな気持ちをもっている相手からのLINEには慎重に返信したいと考えるでしょう。さらに既読をつけてしまうと、「読んでいるはずなのに無視されたと思われたくない」と焦ってしまうことも。

そんな状態のときも、LINEを未読のままにしがちです。未読であれば「忙しくて返信できなかった」とか「気づかなかった」と言いわけができます。アプリなどで既読をつけずに内容を確認して、あとでゆっくり返信内容を考えようと思っているのです。

(11)駆け引きをしている

相手に対して恋愛的な好意をもっているときに、あれこれと駆け引きをする人もいるもの。好きな人からLINEがきたのに、「ヒマだと思われたくない」とか、「余裕があるように見せたい」などの心理から未読スルーしてしまうケースもあります。

このような駆け引きによって、「つかみどころがなくて惹かれる」とか「そっけなくされて余計追いかけたくなる」などと思わせようと考えているのでしょう。しかし逆に、「LINEを無視するなんてひどい人」と思われる恐れもありますが……。

3:LINEを未読無視された場合の対処法5

LINEを未読無視されて腹立たしさや、寂しさに襲われても、感情に任せた行動はNG。ここではおすすめの対処法をご紹介します。

(1)放置する

未読無視されたときのスマートな対応は「放置する」ではないでしょうか。LINEが未読の状態は「LINEをチェックする余裕がない」と考えることができます。そんな状態のときに「おーい」とか「寂しいよー」などと追撃するようなLINEをするのは相手にとって迷惑でしかありません。

いざLINEを確認する時間が取れたときに、山のようにLINEを受信していると、あまりのしつこさにドン引きしてしまうことも。関係悪化の原因になりかねないので注意しましょう。

(2)相手が返信したくなるようなLINEを送る

上記の、LINEを未読無視する理由・心理で解説した(7)や(9)のケースは、相手に「返信する必要なし」「返信に困ってしまう」と思われています。つまり送信したLINEの内容に問題があるといえます。

返信がほしいなら相手が返信しやすいようにする心遣いが必要です。自分の近況を語るよりは、相手が興味がありそうなことをLINEしてみたほうが食いつきがいいはず。「ランチにパスタを食べた」と報告だけするよりは、「今度一緒に行きましょう」など言葉が足されているほうが反応はしやすいです。

(3)相手を気遣うLINEを送る

仕事に追われているときや、体調が優れないときなどは、LINEをする余裕がないもの。未読スルーされたら、相手が「LINEを見られない状態なのかも」と想像するのが大切。決して、相手を責めるLINEをしてはいけません。「思いやりのない人」と思われてしまうでしょう。

LINEをするなら「具合悪かったらごめん。返信はいいからね」とか「仕事忙しいのかな。頑張って」など気遣いのLINEがおすすめ。仮にそんな状況ではなくても、気遣ってもらえたほうは嬉しいものです。

(4)電話する

相手があまりLINEを頻繁にチェックしないタイプの人だと、大切な用事や急用は「LINEよりも電話してくれたほうが助かる」という場合もあります。どうしても早く連絡を取りたい場合は電話をするのもおすすめの方法です。

ただ相手が仕事をしている時間や、深夜など電話をするのは非常識になるような時間は避けるようにしましょう。「相手にとっても急用なのか」「電話してもマナー違反にならない時間なのか」この2点に配慮しないと「こんなことで電話しないで」と思われてしまいます。

5)スタンプのプレゼント機能でブロックされていないか確認する

LINEを未読スルーされていると、「ひょっとしたらブロックされているのかも」と考えてしまう人もいるはず。相手に対して恋愛感情がある場合などは「どうしてもブロックされているか確認したい」と思うかもしれません。

そんなときに誰にも迷惑をかけない確認の方法があります。それは「相手にスタンプをプレゼントできるかどうか」です。もしスタンプをプレゼントできないようなら相手にブロックされている状態。残念ながら親しくなるのは諦めるべきです。

4:LINEが既読にならない!未読のまま削除やブロック以外ならまだ望みはあるかも…

LINEを未読無視されると、相手にネガティブな印象をもたれているような気がして不安になってしまうもの。しかし、返信したくてもできない状況も考えられます。未読のまま削除やブロックをされていないなら、嫌われているとはかぎりませんよ。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

大船くじら
大学中退後、好奇心に任せてさまざまな職業を経験した後、ライターへ転身。自身の幅広い経験を活かした、新しいライフスタイル提案に関する記事や、男女の恋愛を深掘りする記事を、多数のメディアにて執筆。