彼氏と結婚したい!プロポーズしてくれない理由と決意させる行動

そろそろ結婚したいと思っているのに、彼氏にはその気が一切ないみたい。プロポーズどころか、将来の話でさえちっともしないーー。そんなときには、自分との結婚に不安があるのか、好きではないのかなど、いろいろな不安を抱いてしまうでしょう。そこで今回は、彼氏がプロポーズしてくれない理由と、結婚を意識させるための行動を紹介します。

1:彼氏と結婚したいと思う?

いまの彼氏と結婚したいと考えている女性はどれくらいいるのでしょうか。

そこで今回『MENJOY』では、20~30代の未婚女性74名を対象に、独自のアンケート調査を実施。「彼氏と結婚したいですか?」という質問をしてみました。結果は以下のとおりです。

したい・・・58人(78%)

したくない・・・16人(22%)

8割近くもの女性が、恋人と結婚したいと回答しました。20代、30代という年齢的にも、結婚を意識しやすく、視野にいれた上でお付き合いをしているのかもしれませんね。

2:彼氏と結婚したいけどプロポーズしてくれない…考えられる理由5つ

しばらく付き合っているのに、彼氏からプロポーズされない……。これには、どのような理由があるのでしょうか。

(1)金銭的な不安

結婚するには大金がかかります。結婚式や新婚旅行をしない、結婚指輪も婚約指輪も買わないとしても、ふたりで生活するためのに家具や家電を買い揃えたり、引っ越ししたりというケースが大多数。

現時点で貯金がない、いまの収入ではふたりで生活できないと考える彼氏は、結婚したくてもできないでしょう。

(2)結婚に憧れがない

自分が結婚に対しての憧れがないため、早く結婚をしたい、一緒に暮したいという発想がなく、彼女がそう思っていることにも気づいていないというケースも少なからずあります。こういう場合は、彼女からの強い要望があれば、すんなり話が進むことも多いです。

(3)自由がなくなるのがイヤ

結婚=自由がなくなるといった考えをもつ人は、男女問わず存在します。ほかの女性と遊べないといったことだけでなく、一緒に暮らせば起床時間、帰宅時間など、必然的に妻に気を遣うことが増えます。

ひとり暮らしのような自由な時間と過ごし方ができないことが億劫で、結婚に踏み切れない男性はかなりの数にのぼります。

(4)愛情がそれほどでもない

彼女の結婚願望には気づいているものの、自分はその彼女とは結婚したくない……というケースも多々あります。この場合、彼女から結婚を意識させると、「いまは無理だから別れようか」という話になり、別れたとたんに別の女性と結婚する、なんてこともあります。

(5)深く考えていない

仕事や趣味が忙しく、結婚するとかしないとかいう発想そのものがない、という場合もあります。彼女から結婚を示唆されたり、周囲の人から「彼女と結婚しないの?」と聞かれたりして初めて、結婚を意識するのです。

そのあと、結婚するかしないかは、それもまた人それぞれーーというのが現実です。

3:彼氏に結婚したいと思わせたい!男性が結婚を意識する瞬間5つ

では、男性はどのようなとき結婚を意識するのでしょうか。よくある5つのパターンを紹介します。

(1)周りで結婚する人が増えた

自分の家族や親戚、友達、同僚の結婚ラッシュになると「自分もそろそろ結婚しようかな」と感じるでしょう。特に学生時代からの友人が結婚したときは、強く意識するもの。「あいつが結婚できたのだから、俺もできるかも」「みんなが結婚しちゃったから、遊ぶ友達がいなくなっちゃう」と、結婚に対する意識が前向きになるでしょう。

周りに流されやすい性格であるほど、周囲の人の影響を受けやすいかもしれません。

(2)彼女の結婚願望を知った

いつかは結婚したい、そろそろ結婚したいと考える男性の中には、彼女の結婚願望を知ることがきっかけになることも。信頼関係が築けており、ある程度の期間付き合っているのなら、「結婚したいな」と言ってみる価値はありそうです。

(3)年齢

男女ともに28歳、30歳、35歳といった年齢で、結婚を意識しやすいようです。特に5の倍数は節目の年になることが多く、結婚に対する重い腰を上げる瞬間でもあります。

彼女から「30歳までには結婚したいな」と具体的な年齢を伝えてみると、彼氏も同じ目標をもってくれるかもしれません。

(4)収入が増えた

昇進や昇給、転職など、収入が増えたきっかけで強く結婚を意識する人もいます。プロポーズをしてくれない原因でも紹介したように、金銭的な不安は将来の結婚生活にも影響します。反対に金銭面で余裕が生まれれば、明るい未来を描きやすいはず。

(5)彼女が子どもに優しくする姿を見た

甥や姪に優しくする姿、通りがかった子どもに笑顔で接していたときなど、彼女の子どもに対する優しさを見て結婚を意識する人もいます。このようなとき彼氏は「もし自分たちの間に子どもが生まれたら」と想像するようです。

彼女から妻そして母親になった姿を想像すると、自然と結婚観が見えて具体的な将来を考えてくれそうです。

4:彼氏に結婚したいと思わせる行動

彼氏からプロポーズをしてくれないときは、結婚を意識させる行動をしてみましょう。結婚を想像しやすい3つの行動を紹介します。

(1)生活力があるところを見せる

まずは、掃除や片付け、料理がそつなくできる、お金の使い方が堅実など、安心していっしょに暮せる生活力をアピールしていきましょう。未だに「結婚相手には家庭的な女性」を求める男性も多いですが、それに順応しろと言っているわけではなく、「普通にできる」ことが伝わればOK。

結婚したとて負担が大きくなることはない、むしろラク、と思わせたら勝ちです。

(2)将来について話す

彼氏に結婚したいと思わせる行動として、もっともストレートでわかりやすいものが将来について話し合うことです。結婚というキーワードを出さずとも「私たち将来はどうするの?」「子どもはほしいの?」など、ふたりの未来を想像する話題へ導いてみてください。

少なくとも彼女の気持ちはきっと伝わるはずです。

(3)結婚しないなら別れると伝える

彼氏にちょっといじわるを言うように「結婚しないなら別れるよ」と言ってみてもよいでしょう。結婚する気がない彼氏なら、ズルズルと付き合うことを防げますし、彼女が本気で好きなら結婚したい気持ちをくみとってくれるはず。

5:まとめ

結婚したいからといって、しつこく「結婚、結婚」と言ってもムダです。あくまでも彼氏が心から「結婚したい」と思えるように、導くことが大切。焦りは禁物、じっくりゆっくり攻めていきましょう。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

森下あゆみ
「人の心を動かす文章とは何か」を生涯のテーマに活動するアラサーライター。恋愛は7割空振りに終わるが、長い人生の中で3割打てれば十分だと思っている。座右の銘は「遠回りすることがいちばんの近道」。趣味は自分磨きとプロ野球観戦。腹筋を割りたい。