同棲すると別れやすいのはなぜ?別れを切り出されたときの対処法

同棲というのは、結婚に向けての準備だったり、一緒に居られる時間が長くなったりして、カップルの結びつきが強くなりそうですが、一方で「同棲すると別れやすい」といわれてることも。ではなぜ同棲すると別れにつながってしまうのでしょうか。そこで今回は、同棲カップルが別れやすい理由やそのきっかけ、別れを切り出されたときにどうすべきかをご紹介します。

1:同棲カップルが別れる確率は55%!

カップルは同棲すると別れやすいといいますが、あれって本当なのでしょうか。 今回『MENJOY』では、同棲経験がある20~40代の男女177人を対象に独自アンケート調査を実施。「同棲した結果、別れてしまったことがありますか?」と質問してみました。 結果は以下のとおりです。 ある・・・98人(55%) ない・・・79人(45%) 若干の差ですが、同棲の結果別れた男女が多いことがわかりますね。では、なぜ同棲すると別れてしまうのでしょうか。その原因や別れたくなる理由についてご紹介します。

2:同棲しているのに別れた…同棲が破局につながりやすい原因5つ

(1)ラブラブな関係が一気に共同生活になる

同棲する前は会うたびにドキドキする相手でも、共同生活を始めると、急に魅力がなくなったと感じることがあります。それは、生活という超現実的な出来事に対処していく同志のような関係になってしまうからです。さらに相手の下着や着替えシーン、裸も簡単に見れてしまうため、ありがたみがなくなることも考えられます。

(2)お金への意識の差でケンカしやすい

一緒に生活していくとなると、避けては通れないのがお金の使い方に関する話。話しづらいといっている場合ではありません。相手のお金の使い方や貯金への考え方については、同棲を始めてから気づくことも多く、「そんなことにお金を使ってるの?」「ここはお金をかけよう」などと、衝突の原因になりがちです。

(3)結婚への気持ちのズレが発生しやすい

同棲をするのなら、その先に見えているのはやはり結婚です。結婚に向かう前段階として、男性に同棲を提案する女性も多いでしょう。しかし、まだ結婚を考えていない場合、その気持ちの差は広がってしまいます。同棲したのだから結婚できるはず……という期待を持ちすぎると、失敗しやすくなります。

(4)一緒にいすぎてマンネリが早くなる

お互いに忙しい中、なんとか時間を捻出してするデートは、それだけ大事さが増すもの。短い時間しか一緒にいられないことが、逆に愛おしい気持ちを募らせることもあるでしょう。 ですが、同棲ではたとえ生活時間があまり合わなくても、会話が少なくても、いつだって横に相手がいてくれる状態になります。その結果、マンネリが起きて、相手への関心が薄れてしまうのです。

(5)嫌いなところが見えてくる

休みの日にダラダラしている彼氏に腹が立ったり、部屋の中を下着姿で歩き回る彼女にだらしなさを感じたり……。一緒に暮らし始めてから、今までは見えていなかった相手の悪いところ、嫌いなところが見え始めるのもよく聞く話です。

3:同棲カップルが「別れたい」と思うのはどんなとき?彼氏彼女それぞれの理由

(1)彼氏が別れたくなる理由3つ

1.彼女の料理がおいしくない

料理はどちらが作ると決まっているわけではありません。しかし、多くの男性は、同棲してから彼女の手料理が毎日食べられることに期待を抱いています。ですが、その味が実家で慣れ親しんだものと違ったり、彼女が料理下手だったりすると、気持ちがどんどん冷めていってしまいます。

2.ひとりの時間をもらえない

どんなに好きな人であっても、たまにはひとりの時間を満喫したいと思っている人も多いものです。そうやってひとりの時間を作ることで、考えを整理したり、ストレスを発散したりするのです。同棲でひとりの時間を持つことができず、結果的にフラストレーションがたまって「もう嫌だ!」となるのです。

3.スキンシップが減る

好きな相手とベタベタしたり、イチャイチャしたりしたいのは、男性の根本的な願望のひとつ。ですが、同棲を始めてから彼女がスキンシップやエッチを拒んだりすることが多くなると、「一緒に暮らしている意味がない」と感じてしまうことも。

(2)彼女から別れたくなる理由3つ

1.「実家の母親」みたいな扱いになる

彼が服を脱ぎっぱなしにして、料理を食べても食器を片づけない。そんな彼に代わって家事を続けた結果、まるで実家のお母さんになったような気分になる女性も少なくありません。当たり前のように、これしてあれしてと言われると、嫌気がさすことも多いでしょう。

2.家事をやってくれない

まだまだ女性の家事負担が大きいという実態はあります。男性は皿洗いをしたり、ゴミ捨てをしたりしただけで「自分は立派なカジメンだ」なんていうふうに思っていることも。しかし、女性からしたら、それはほんの一部。そこに不満を溜めてしまうケースも多いようです。

3.頼りなさが目につく

女性にとっていちばん身近な異性といえば、父親でしょう。同棲を始める際には、彼氏にそんな父親の姿を重ねているかもしれません。でも、実際に暮らしてみたら、父親が簡単にできていたようなことができず、幻滅してしまう……なんていうリスクもあります。

4:同棲相手から別れたいと言われた…どうする?その対処法5つ

(1)理由を聞いて直せるところは直す

相手から別れを切り出されたときに、気になるのがその理由でしょう。まずは理由を聞いて、もしもそれを直すことで不満を解消できそうであれば、それを受け入れる姿勢を見せることが大切です。家事分担や金銭的な負担などに不満を抱えてのことであれば、見直すことで改善できる可能性も。

(2)しっかり話し合う

別れを切り出されたからといって、感情的になってしまっては、良い結果は生みません。むしろ感情だけを相手にぶつけていくと、さらに幻滅されてしまう可能性が高くなります。まずは、冷静な話し合いの場を設けるほうが賢明。お互いに言いたくても言えなかったことをぶつけ合い、納得できるように話をしてみたら、もう一度やり直すチャンスがもらえるかもしれません。

(3)別れるために必要な手続きを話し合う

別れたいと言われてしまい、もう関係の修復が難しいと感じたのなら、別れのための手続きを粛々と始めましょう。それがお互いのためかもしれないからです。せっかく好き同士で同棲までしたのですから、最後が険悪なのはいい気分ではないですよね。 同棲から別れるときには、お金の問題や家具の問題、どちらが出ていくかなど、決めることは山ほどあります。話し合うべき事項や必要な手続きを確認していく作業をするようにしましょう。

(4)とりあえず引っ越し準備をする

同棲を解消することが決まれば、どちらかが家を出ていくか、一緒に住んでいた部屋を解約して、どちらもが引っ越しをするかの2パターンがあります。 どちらにしても引っ越し準備はかなり時間がかかります。相手から別れたいと言われて同棲解消が決まった場合、別れるための手続きを確認する作業も必要ですが、とりあえず引っ越しの準備を始めるという対処の方法もあります。

(5)最後は感謝で

同棲解消という残念な結果になってしまったとしても、最後は相手に感謝の意を伝えることが大切です。綺麗ごとのように聞こえますが、ふたりのためには必要なこと。一緒に暮らせたことや、楽しかった時間に感謝をして別れることができれば、お互いに新しい恋にも進みやすくなります。

5:同棲しても別れないカップルとは?

同棲しても別れないカップルも多くいるわけですが、そういうカップルは何が違うのでしょうか。よく言われているのが、「お互いに相手に過度の期待をしていない」ということ。 期待をすればするほど、ちょっとしたことでマイナスポイントをつけてしまいやすくなります。同棲する際には、なるべくフラットな気持ちで期待しすぎないことが重要かもしれませんよ。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

大山奏
鳥取県出身。大学へ行くため上京し、心理学を専攻。卒業後も脳科学や心理学に興味があり、独学で勉強。運動も好きで、中学生の頃には水泳で県1位に。現在はランニングと筋トレを中心に運動している。 整体師。カラーセラピスト。アロマテラピーインストラクター。癒し系と、運動系記事分野で多数の記事を連載中。『Menjoy!』ではインタビューを中心に業界人の知る男女関係について執筆します。