彼女のことが好きすぎる男性の言動と理由!そんな彼氏との付き合い方は?

彼女のことが好きすぎるあまり、いつも一緒にいたがったり、ちょっとしたことで嫉妬したりする男性っていますよね。女性からするとありがたいような、少し面倒くさいような……。好かれていないよりマシだけど、うっとうしい……。そこで今回は、彼女のことが好きすぎる男性と上手に付き合っていく方法についてご紹介します。

1:彼女のことが好きすぎる男性は多い?

彼女のことが好きすぎる男性は意外にいるもの。彼女のことを束縛してしまったり、いつも一緒にいたがったり、女性からすると面倒くさいと感じることもあるでしょう。そこで、彼女が好きすぎる男性の生態について見ていきましょう。

2:彼女が好きすぎる男性の行動5つ

彼女が好きすぎる男性は、どんな行動をしがちなのでしょうか。いろいろな人の恋愛相談を受けているという、占い師の草薙つむぐさんにお話を聞いてきました。

(1)何でも彼女ファースト

草薙:彼女を好きすぎる男性は、彼女のことを第一に考えて行動することがよくありますね。例えば、友人から遊びの誘いをもらっても、「彼女との予定が入らなかったらいいよ」と答えるなど、彼女との予定が最優先であることも少なくありません。

友人と会って会話をしていても、まずは彼女とのLINEを返すのが先というパターンもよく見受けられます。

(2)毎日連絡がくる

草薙:毎日連絡がくるのも当たり前と言えるでしょう。朝の「おはよう」から始まって夜の「おやすみ」まで、彼からの連絡が当たり前になっていることも少なくありません。「今日はこんなことがあった」などの報告系LINEが送られてきて「返信に困る」という彼女もいるほど。

夜寝る前に毎日電話がかかってくるという人もいます。

(3)お金や時間をたくさん使う

草薙:彼女が好きだからこそ、彼女とのデート代やプレゼント代など、お金や時間をケチらない男性も多くいます。特に彼女が好きすぎる場合、貢いでしまう男性も少なくありません。

プレゼントはブランド物のバッグや、海外旅行など高額なものが多く、彼女へのプレゼントを買うために副業を始める男性もいました。

(4)嫉妬が激しい

草薙:彼女のことが好きすぎる場合、それだけ彼女に執着心を抱いているとも言えます。そのため、嫉妬や束縛が激しく、デート中に電話がかかってきたら「誰?」と相手を確認したり、飲み会に参加するときは男がそこにいない証拠画像を要求してきたりすることもあります。

彼女のほうが疲れてしまうことも多いです。

(5)彼女に対してやたら心配性

草薙:彼女のことをやたらと心配する男性もいます。道を歩いていてちょっと躓いただけで「大丈夫? 血出てない?」と確認したり、「寒い」とつぶやいただけで「もしかして風邪ひいてる? 熱ないよね」と、デート中に薬局へ行って体温計と風邪薬を買ってきたりする場合もあるようです。

3:彼女が好きすぎる男性に聞いた理由5つ

今度は彼女のことが好きすぎる理由についてご紹介します。

(1)苦労して付き合った彼女

「彼女がすっごいタイプで、何年片思いを続けていたのかわかりません。告白しては振られて諦められなくて、また告白して振られてを繰り返していたんですけど、3回目の告白でOKをもらえたんです。

それだけ苦労して付き合った彼女なんだから、大切にしないわけないですよ」(Uさん・29歳男性/会社員)

(2)初めての彼女

「いま付き合っている彼女は初めての恋人なんです。こんな俺と付き合ってくれた女性なんだから、大切にしたいなって思います。誰だって初めて恋人ができたときはその人と結婚するつもりで付き合っていると思うんです。恋愛は基本的にそうあるべきだって思いますよ」(Hさん・21歳男性/学生)

(3)性格がすごくいい

「いままである程度、恋愛を経験してきましたけど、いまの彼女は性格がすごくいいんです。尽くしてくれるし、優しく接してくれるし、気遣ってくれる。いままではわがままを言ってきたり、浮気されたりして、振り回されることが多かったので、こんな女性もいるんだってびっくりしてます。

だから、彼女の優しさを裏切りたくないんですよ。親切には親切で応えたいじゃないですか」(Tさん・33歳男性/インストラクター)

(4)歴代最高の彼女

「とにかく可愛いんです。こんな女性と俺が付き合えるのかってびっくりしてしまうくらい可愛い。歴代の彼女と比べても別格ですね。この先の人生で、これ以上の女性と付き合えることは多分ないでしょう。だから、手放したくないと思うのは当然でしょう」(Yさん・27歳男性/会社員)

(5)体の相性がいい

「いまの彼女とは体の相性がかなりいいんです。エッチってこんなに気持ちよかったんだって知りました。いままでにない感覚というか、味わったことがない感じ。だから、別れたくないですね~。もう本当に彼女の虜ですよ」(Aさん・26歳男性/会社員)

4:彼女が好きすぎることの弊害3つ

今度は彼女が好きすぎる男性と付き合うデメリットについてご紹介します。

(1)彼女が気持ちが重たいと感じてしまう

草薙:「彼の気持ちが重たい」って相談を受けることがあります。話を聞くと、彼が彼女にべた惚れって感じで、「愛してる」とか「結婚したい」とか言ってくるみたいなんです。

でも、彼女のほうはそこまで恋愛にのめりこんでるって感じじゃなくて、冷静。そういうカップルは、愛が重く感じてしまいやすい傾向にありますね。

(2)彼女が好きだけど憎いと思ってしまう

草薙:相手のことが好きすぎる場合、自分中心ではなく、相手中心の恋愛になりやすいんです。惚れた弱みで、相手のわがままを聞き入れてしまうため、どんどん彼女はわがままになっていく。そうすると、好きだけど付き合うのがしんどいって現象になるわけです。

また、愛憎は表裏一体とも言うように、「愛してるのにわかってくれない」とか「愛してるからこそ離れたくないのに」と思ってしまうと、相手のことを憎く感じてしまう場合もあります。

(3)束縛や嫉妬からケンカが起こりやすくなる

草薙:好きという気持ちが強すぎると、嫉妬や束縛からケンカが起こりやすくなることもあります。束縛は相手の自由を奪う行為なので、自由を奪われたほうは反発することも少なくありません。

その結果、大喧嘩になって別れてしまうこともあります。

5:自分を好きすぎる彼氏との上手な付き合い方5つ

今度は彼女のことが好きすぎる彼との上手な付き合い方をご紹介します。

(1)嫌な行動については本心を伝える

草薙:上手に付き合っていくには、嫌なことは嫌だとしっかりと相手に伝えることが重要です。束縛をするならそれが嫌だと伝えたり、毎日のLINEがしんどいと伝えたりしましょう。

それで喧嘩になることは予想できると思います。そのため、相手と喧嘩にならないように、相手が受け入れやすい言葉を選んで伝えることが大切です。

(2)安心してあぐらをかかない

草薙:自分のことが大好きな彼だからといって、その関係に甘えてしまうのは危険です。わがままが行きすぎると、彼の負担が大きくなってしまいます。それに耐えられなくなって別れを切り出されることも考えられます。

彼との関係を良好に保つためには、相手に依存せず、自立心を保つことも重要です。

(3)彼の気持ちを理解してあげる

草薙:彼の気持ちを理解してあげることも大切なこと。例えば、「好きな人が、ほかの異性とふたりきりで会っていたら嫌だよな」と相手の気持ちを察して、彼が嫉妬しないように行動してあげるといいかもしれません。

ケンカを未然に防ぐことができるため、関係を良好に保つことができます。

(4)ツンツンしない

草薙:相手がデレデレしてくると、自然と主従関係ができる場合があります。そのため、好かれているほうがツンツンしてしまうことも。しかし、それは相手の嫉妬心や束縛心を煽るだけなので、やめたほうが無難です。

嫌なものを嫌と伝えることはいいですが、ツンツンした態度は問題をこじらせてしまう結果になるため、気をつけたほうがいいでしょう。

(5)彼の気持ちを受け止めることも大切

草薙:相手の気持ちを受け止めることも大切です。例えば、「好き」とか「愛してる」と毎回言われていると、「またそんなこといって」とか「はいはい、わかったわかった」と適当にあしらってしまうこともあるでしょう。

しかし、気持ちを受け止めてもらえなかったほうは傷つきます。そのため、「私も好きだよ」とか「ありがとう。私も同じ気持ち」と彼の気持ちを受け止めて、同じセリフを返してあげるといいかもしれません。

6:まとめ

今回は、彼女のことが好きすぎる彼の特徴と上手に付き合っていく方法をご紹介しました。「惚れたが負け」という言葉があるように、惚れたほうが相手に合わせることが多くなってしまいます。

しかし、それでは片方ばかりが負担を強いることになるため、長続きしない恋愛になりやすいと言えるでしょう。良好な関係を保つには、負担を分け合うことも大切です。

【取材協力】

草薙つむぐ・・・書店員の経験から今までに触れた映画や小説などは1000タイトル以上。またスポーツ選手から芸能人まで幅広い人脈を持ち、恋愛コラムニストからも恋愛相談を受けた経験を持つ。手相占い師としても活躍中。

初出:MENJOY ライター:MENJOY編集部

月島もんもん
プロのゴーストライターとして、芸能人、医師、文化人の代筆を手掛けること10年。
各業界の裏話やぶっちゃけ話に精通している。
学生時代から培った話術と運動能力により、路上パフォーマーとしても活躍。